不動産は、買うより売る方が難しい?!

不動産会社も購入が得意、売却が得意など得意分野が異なります。

大切な資産をより高く、より早く売るために売却を検討される方の立場に立ったサービスです

仲介サポート

買取りサポート


 

そんな悩みをお持ちではありませんか?

売却をされる方のほとんどは、不動産業者に売却を依頼し、依頼した不動産業者が購入希望者を募って 条件が合えば売買が成立するといったイメージをお持ちではないでしょうか?

これを不動産仲介という売却方法です。

不動産仲介が、一般的な売却方法ですが、不動産売却には、不動産仲介のほかに不動産買取という方法があります。

 

仲介の場合

メリット
希望額での売却可能
デメリット
仲介手数料が必要
いつ売れるかわからない?

詳しくはこちら▶▶

買取の場合

メリット
短期間での売却が可能
仲介手数料が不要
リフォーム代金が不要
保証などが不要
知られずに売却が可能
デメリット
価格が通常より安くなる(市場価格の70~80%)

詳しくはこちら▶▶

 

違いはコレ!
①仲介手数料の有無
不動産仲介の場合、仲介業者に手数料を支払いますが、不動産買取は仲介業者が存在せず、売却先の購入者が不動産業者となるため、仲介手数料が発生しません。
②売却までの早さ
不動産仲介の場合、売却依頼後に購入希望者を探し、条件交渉までに比較的時間を要します。一方で、不動産買取の場合は、購入者が不動産業者となるため、探す手間や条件交渉が軽減でき、短い期間で売却できる傾向にあります。
③売却金額
不動産仲介は、市場価格や買主との値段交渉などにより、妥協性のある価格であれば、その価格で売却が可能です。しかし、一方で不動産買取の場合は、不動産業者が実費でリフォームやリノベーションをして転売したりするためその費用分価格が安くなる傾向にあります。