Reform&Design(リフォーム&デザイン)

賃貸物件は、戸建てやマンション・アパート(部屋・一棟)、いずれの場合であっても、 住居を入居者に貸すことで収益が上がります。

最近は、入居者の住居に対する知識も豊富で要望も高くなっていて、賃貸物件をとりまく環境も年々変化 しています。

駅に近い・部屋が広い・眺望がよいという魅力だけでなく、プラスアルファとなる内装やデザインなどの 魅力がより求められています。

駅から遠くて築年数が古くても、使いやすくてオシャレな、いわゆるデザイナーズマンションなら相場より 少し高めの家賃が設定できるというような事例はよくあります。

内装や設備機器については、時代によって人気のデザインや機能は変わります。

こうした変化への対応が遅れると、入居者がなかなか見つからないという状態になりかねません。

常に時代の変化と入居者のニーズにあったリフォームを心がけることが重要です。

 

入居者が求めていることは、“自分にとって快適な住空間”

全体リフォーム・デザインをお考えの方

詳しくはこちら▶

設備・部位のリフォームをお考えの方

詳しくはこちら▶▶

 

空室対策・入居率を高める賃貸リフォームって ??

居住者が入れ替わる賃貸物件で、絶え間なく新しい入居者に気に入ってもらうためには、リフォームの仕方にも気を使う必要があります。

自分の住居であれば、個人の都合や家族の好みなどで 自由にリフォームできますが、趣味・嗜好の強い個性的なリフォームでは、敬遠される可能性があります。

かといって、万人向けのオーソドックスなリフォームでは、個性や魅力がないと判断されかねません。

住居には外壁・屋根などの外観に当たる部分、キッチン・風呂・トイレなどの内装に当たる部分、 さらにマンションやアパートでは、エントランス・共用廊下・エレベータ・非常階段などの共用部分が リフォームの対象になります。

外装やエントランスなどは、第一印象に大きく影響しますし、内装は好印象を 与えるバランスの取れたリフォームを行わなければなりません。

見た目だけでない“快適な住環境”を意識したリフォームがpointです。

リフォームというと、面積の広いリビングや寝室を意識しがちですが、実は、設備機器が設置される キッチンやトイレなどの“水回り”のほうが、入居希望者が内覧した時に良し悪しがわかりやすいということもあります。

また、設備機器を含めた水回りのグレードが高いと、入居者の家賃アップの許容度も上がるといわれています。

 

まずは相談してみよう♪▶

 

NAVIグループは、「オーナー様の収益を最大限化」を日々考えています。

物件単位で稼働率95%を達成することを目標とし、物件の状況・問題点・課題を正確に把握した上で、 これまでの経験や実績を踏まえ、最適な運営、管理を実施しています。

賃料滞納などのリスクを最小限に抑え、長期的な視野でオーナー様の収益の最大限化を実現致します。

賃貸経営をオーナー様の目線、立場で判断し、安心・安定した賃貸経営を当社の管理方針に基づき管理致します。

NAVIグループの仲間と一緒に満室経営を目指しましょう