不動産Q&A

物件の問い合わせをしたのですが、不動産会社から返事が来ません

3営業日以内に返信するようにしておりますが、不動産会社の定休日や夏季休暇、冬期休暇でメールのチェックが遅れる可能性もございます。WEBでの問い合わせをしても返事が来ない場合は、情報提供不動産会社にお電話で確認したほうが確実です。

問い合わせをした際に間違ったメールアドレスを入力して送信してしまいました

WEBからの問い合わせはすぐに情報提供不動産会社へFAXまたはE-MAILで送信されますので、追加や訂正はできません。ご面倒ですが、正しいメールアドレスを入力し、再度WEBフォームから問い合わせしていただくか、お電話にてその旨をお伝えください。不動産会社の方からも、せっかく問い合わせをもらってもメールアドレスが間違っているためにエラーで戻ってきてしまうという声もいただきますので、正確にご記入いただくようお願いいたします。

情報はどれぐらいの頻度で更新しているのですか?

本サイトでは情報提供不動産会社が、次の方法で物件情報の更新を行っています。当サイトでは3週間のサイクルで情報更新の確認を行っており、更新を怠った物件に関しましては自動的に非公開になるようになっております。

物件までの距離に徒歩〇分と書いてありますが、どうやって決めているのですか?

不動産屋さんは、大人の歩く速さを1分/80mで計算しています。例えば、駅から800mだと徒歩10分となります。あくまでも、最短距離で計算しているので、物件までの距離の途中に踏切などがある場合は、記載の時間より長くかかる場合があるので、実際に周辺を歩いてみるのもいいでしょう。

建築条件付き物件って何ですか?

建築条件付き物件とは、建てる建築会社と仕様が決まった売土地のことです。 売却価格・不動産の価格に外構工事の費用や上下水道の引込費用なども含まれていることが多いのが特徴です。あらかじめ、使う設備や仕様が決められているので、設備や間取りの変更等を希望すると別途費用がかかりますので、予算と相談してみてください。

賃貸物件を借りています。物件を退去しようと思っていますが、違約金と原状回復費が必要と言われました。退去するのにお金が必要なのですか?

賃貸物件の契約条件にもよりますが、昔は、敷金を預けてその費用に充てることが多かったのですが、近年は、敷金がない物件も増えてきています。違約金は契約期間内での解約をする場合に必要となるケースが多いです。目安は、賃料の1ヶ月分相当額が必要です。その他の項目として原状回復費とよばれるものがあります。原状回復費用とは、借りたときの状態に戻すために必要な費用で、賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意、過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損の場合に必要なものと、契約書にあらかじめ記載されているハウスクリーニング費用や鍵交換費用などが必要となります。契約内容が、重要となりますので契約書の内容を理解した上で契約しましょう。

物件見学をしたいのですが、どうしたらいいですか?

掲載中の物件を実際にご覧頂く場合、物件詳細の下にあるお問い合わせ画面より、希望日時・氏名・連絡先を入力の上、送信してください。折り返し、店舗担当者よりご連絡をさせていただきます。ご希望日にあわせ、条件に合う物件の資料を見ながら絞り込み、営業担当が同行して、実際のお部屋をご覧いただきます。日中にご来店が難しい方はお電話やホームページからのお問い合わせが可能ですし、メール・FAX等で物件情報をお送りすることも出来ますよ。

保証人がいないと賃貸物件は借りられないのですか?

賃貸物件は、お申し込み時・契約時に原則として連帯保証人が必要となります。最近では、連帯保証人代行サービス(保証会社)を利用することで連帯保証人が不要になる場合もありますよ!

トイレが詰まりました。どうしたらいいですか?

ご自分で直すことが可能な場合もありますが、ご契約された物件の管理会社にお電話下さい。管理会社が専門業者を有料にて手配致します。

共益費って何ですか?

賃貸物件を借りられる場合、家賃以外に毎月必要になる費用の一つです。アパートやマンション共用部の維持管理をするために使用される費用です。廊下や階段などの共用部分の電気代などに使用されています。

借りている部屋を退去しようと思います。どうしたらいいですか?

賃貸物件の場合、契約内容によって異なりますが、契約が満了する1ヶ月前までに住んでいるマンションやアパートの管理会社へ連絡をして下さい。退去する場合は、必ず解約通知といわれる書類がありますので、まずはそれに記入・捺印して管理会社に提出してください。あとは、退去日に管理会社立ち会いの上、部屋の破損・損耗状況を確認をして鍵を返却すれば完了です。

掲載されている物件しか紹介してもらえないの?

他社の掲載物件も、ご紹介させていただけます。実際に空いていても、「インターネット掲載不可」の物件等も多数ありますので、お問い合わせいただくか、直接ご来店いただけますと、お得な情報や掘り出し物の情報をご提供出来る場合がございます。

自分が持っている所有物件を売るか貸すか悩んでいます。どうしたらいいですか?

不動産のプロにお任せください!売却か?賃貸か?どちらにもメリットやデメリットがあります。無料で家賃相場や売却価格の相場等のアドバイスはもちろんさせていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

マイホームを購入しようと検討しています。頭金って必要ですか?

不動産をご購入いただく場合、不動産の売買価格の他に住宅ローンの手数料や税金などが必要となります。なので、購入しようとしている物件の売買価格の10%〜20%程度は、頭金としてご用意されているほうがいいですよ。

間取りに記載されている記号ってなんですか?

賃貸物件や売買物件の家などの間取りには、必ずSやL・UBなどの表記があります。L(リビング)D(ダイニング)K(キッチン)S(サービスルーム)P.S(パイプスペース)UB(ユニットバス)のことを表示しています。

賃貸を借りようと思っています。いつから探せばいいですか?

賃貸のお部屋を探す場合、早ければいい物件が見つかる訳ではありません。一般的にお引っ越しをする1~2ヶ月前から探される方がほとんどです。2ヶ月あれば、余裕をもってお部屋探しもできるのではないでしょうか?

不動産屋さんのお店にいかなくても契約できますか?

遠方のお客様などの場合は、なかなか店舗へ足を運べないという方もたくさんおいでると思います。どうしてもお越しいただけない場合は、ご本人様と電話やメールのやりとりをさせていただいた上で、親御さんやご友人などの代理の方がご契約にお越しになるケースもあります。トラブルを防ぐためにも、ご来店をオススメしています。

賃貸物件を契約する際に必要なものを教えて下さい。

借りられる物件や条件によって異なりますが、一般的には本人の認印・身分証明(免許証など)、保証人様の実印・印鑑証明証が必要となります。ご契約の内容や条件によっては、在籍証明書などが必要となりますので、ご契約される不動産会社に必ず確認してくださいね。

住んでいる物件で、ペットを飼おうと思っています。問題はありませんか?

賃貸物件の場合、ペット飼育が可能な物件とペットの飼育が不可能な物件があります。ペット可の物件以外でのペットの飼育は、契約条項に違反することが多く、契約解除になりえますので、ペットを飼いたくなったら、ペット可の賃貸物件へお引っ越ししましょう。

入居している物件のエアコンが壊れました。自分で修理しないといけませんか?

賃貸物件の場合、入居前からついている設備が壊れた場合は、ご契約者の使用方法に問題が無い限り、オーナーさん(所有者)が費用を負担します。ただし、前の入居者が設置して残していったものや、契約書の特約で入居者負担となっている場合は、ご契約者様が負担することとなります。故障の場合は、基本修理をし、直らない場合や破損している場合は、交換することとなります。修理業者の手配は、管理会社やオーナーさん(所有者)の方が行いますので、まずは、連絡をして下さいね。

自己所有物件を売却しました。確定申告は必要ですか?

不動産の売却をした場合、売却した翌年に確定申告をする必要があります。年末調整で納税している一般のサラリーマンの方もこの申告が必要となりますのでご注意下さい。申告手続きは税理士に依頼することもできますが、ご自身で申告をされる場合は、各税務署でも申告書の書き方などについて無料相談を実施していますので、利用してみるのも良いでしょう。